道端ジェシカの旦那はケンカオ?元夫・バトンとの離婚理由がヤバイ?

ファッションモデルとして活躍している道端ジェシカさん。

「道端3姉妹」の次女として、その美しい容姿が多くの女性から支持されていますよね。

そんな道端ジェシカさんは現在1児の母親ですが、子供の父親とは籍を入れていないようで、相手が誰なのかも公表されていません。

しかし、一部では子供の父親は「ケンカオさん」だと噂されています。

真相は一体どうなのでしょうか?

今回は道端ジェシカさんの旦那さんについてまとめていきます。

 

道端ジェシカが出産をインスタで報告!子供の父親はケンカオ

道端ジェシカさんは、2017年7月12日にインスタグラムで妊娠を報告しました。

投稿内容は、やや膨らんできたお腹を抱えているビキニ姿の写真画像で「Feeling summery and blessed(夏を感じます、そして、子供を授かりました。」と記されていました。

それから約3ヵ月後の2017年10月20日(日本時間21日)、道端ジェシカさんは米ロサンゼルスで、第1子となる女の子を出産したことをインスタグラムで報告。

そこには産まれたばかりの可愛らしい赤ちゃんの画像が投稿されていました。

娘さんの名前は『JOY』と名付けられ、予定日であった11月11日よりも20日ほど早い出産となり、道端ジェシカさんと同じ誕生日の10月21日(日本時間)に生まれたようです。

母親と同じ誕生日に産まれてくるなんて、凄い偶然ですよね。

そして気になるのが、お子さんの父親についてです。

道端ジェシカさんの所属事務所は、相手の男性について名前は公表していません。

しかし、相手は日本人ではないことと、アメリカ・ロサンゼルス在住のハリウッド映画プロデューサーであることは明かされており、巷では「ケンカオさんで間違いない」と言われているそうです。

その理由として…

  • ケンカオさんはロサンゼルス在住の映画プロデューサーしている。
  • 2017年6月の公の慈善パーティーに、ケンカオさんは道端ジェシカさんをパートナーとして参加していた。
  • 道端ジェシカさんがロサンゼルスで飼っている柴犬のモチが、ケンカオさんの妹のジェンカオさんのインスタグラムに度々出てくる(家族ぐるみの付き合いがある)

以上が、ケンカオさんだと言われている理由ですが、かなり信憑性が高そうな内容ですよね。

特に、ケンカオさんの妹さんのインスタグラムに、道端ジェシカさんの愛犬が登場するあたりなんかは「ケンカオさんで間違いない」と言われても過言ではない気がします。




ケンカオは金持ち御曹司の映画プロデューサー

ケンカオさんは、台湾系アメリカ人だそうです。

年齢は現在(2020年)43歳で、道端ジェシカさんより8歳前後年上ということになります。

ケンカオさんの父親は、アメリカGPS機器メーカー老舗の「ガーミン」の共同創業者であるMin Kao(ミンカオ・高民環)氏(71歳)、母親はFan Kao(ファンカオ)さん、妹はファッションデザイナーのJen Kao(ジェンカオ)さん(38歳)です。

父親のMin Kao氏の個人資産は、2017年7月で2.9 billionドル(約3284億円)と報じられているので、ケンカオさんはとんでもない大金持ちの御曹司ということになりますよね。

父親のMin Kao氏は、2017年版のフォーブスの世界長者番付で、ビリオネアランキング693位(米国では250位)にランクインされています。

本当にとんでもないお金持ちなんですね。

こちらがケンカオさんの家族(父親、母親、ケンカオさん、妹)4人の画像です↓

Min Kao氏の2016年の誕生日を、日本の「霞町 すゑとみ」で祝った時に撮った写真だそうです。

ケンカオさんは現在、ロスアンゼルス在住でハリウッドの映画プロデューサーとして活躍していますが、10代の頃は父親の仕事の関係で、アメリカ・ミズーリ州のカンザスシティで育ちました。

そして、カンザス大学、シカゴのデポール大学ロースクールを卒業後、父親の会社の法務アドバイザーとを経て、ハリウッドの映画プロデューサーになったようです。

ケンカオさんが制作に携わった映画ですが…

  • ランパート汚れた刑事(2011年)
  • 追憶の森(2015年)
  • 聖杯たちの騎士(2016年)
  • ナイスガイズ!(2017年・制作指揮)
  • Hostiles(プロデュース)
  • ジ・アウトサイダー(プロデュース)
  • The Glass Castle(プロデュース)

などがあります。

そして2017年6月には、映画「ラ・ラ・ランド」の俳優ライアン・ゴスリングさんと映画制作会社を設立することを発表。

同年6月16日に、ビバリー・ウィルシャー・フォーシーズンホテルで開催された『第30回強皮症の慈善パーティー』に、ケンカオさんは、両親とライアン・ゴスリンさん、そして、パートナーとして道端ジェシカさんを連れて参加しました。

こちらがその時に撮られた写真です。

当時の道端ジェシカさんは妊娠4か月目だったそうです。

そんな道端ジェシカさんをパートナーに選んだということは、道端ジェシカさんの子供の父親は、やはりケンカオさんで間違いないと言えそうですよね。

 

道端ジェシカがケンカオと結婚しない理由

道端ジェシカさんとケンカオさんは、現在ロサンゼルスで一緒に住んでいることが、所属事務所から報告されています。

しかし子供が出来たにもかかわらず、2人が結婚に至らないのはどうしてなのでしょうか?

その理由として2つ考えてみました。

  • 事情により元旦那のジェンソン・バトンとの離婚が成立していない。
  • 台湾系大富豪のケンカオさんの一族が結婚に反対している。

まず1つめですが、元旦那のジェンソン・バトンさんはイギリス人です。

イギリスでは、離婚に対してお互いの合意があったとしても、2年間別居したという事実がないと、離婚が認められないそうです。

道端ジェシカさんは、ジェンソン・バトンさんとの結婚に際し、婚前契約書を作成していなかったので、ジェンソン・バトンさんの63億円の資産を巡って、財産分与で揉めていた可能性がありました。

しかし、調べてみると、2016年中に正式な離婚が成立したとも報じられているので、1つ目の「ジェンソン・バトンとの離婚が成立していない」という理由は違うということになります。

そして2つめですが、ケンカオさんは台湾系アメリカ人で、個人資産3284億円の大富豪、Min Kao氏の長男ということもあり、結婚相手となるとKao一族から嫁として迎えることに対して厳しい条件を課されている可能性があります。

道端ジェシカさんがお子さんを出産したのは、前夫と離婚が成立してから1年ほどしか経っていませんでした。

その上、バツイチということで、Kao一族から厳しい目で見られているのかもしれません。

しかし、海外では「事実婚」をする人は日本より多いので、単純に2人で「籍を入れない」という選択をした可能性もあります。

全て憶測になってしまいますが、結果的に2人が幸せに過ごしているなら、それで良いのかもしれませんね。




道端ジェシカの元旦那はジェンソン・バトン

道端ジェシカさんの元旦那さんは、イギリス人F1レーサーのジェンソン・バトンさんです。

2人は2014年に結婚しました。

ジェンソン・バトンさんが、バレンタインデーに約4500万円の指輪を道端ジェシカさんに贈ってプロポーズをし、年末にハワイ・マウイ島で挙式をしましたが、わずか1年で離婚したそうです。

それだけ結婚にお金をかけたのに、わずか1年で離婚なんて、何があったのかが気になるところです。

 

馴れ初めは『F1モナコグランプリ』のインタビュー

2人の馴れ初めですが、2006年にイタリアで開催された『F1モナコグランプリ』で、道端ジェシカさんがジェンソン・バトンさんにインタビューをしたことが、出会いのきっかけだったそうです。

当時のジェンソン・バトンさんには、すでに他の恋人がいたので、連絡先などは交換しなかったそうですが、2年後の2008年に、ジェンソン・バトンさんが仕事で来日したことで2人は再会。

その後、2人は連絡先を交換し、ハワイで一緒に過ごしたことによって交際に発展しました。

ジェンソン・バトンさんは、道端ジェシカさんを日本GPに招待するなどし、仲を深めていきます。

2人の熱愛は、2009年2月にスクープされたりもしました。

交際を進めていく中で、お互いの仕事が忙しくてスレ違いになり、2人は2010年5月に1度破局しましたが、数カ月後には復縁。

そしてその後、2014年のバレンタインデーに、モナコでジェンソン・バトンさんが道端ジェシカさんにプロポーズをし、2人はめでたくゴールインしました。

じつは、この結婚(1度目の復縁)には、今は亡きジェンソン・バトンさんのお父さんのこの一言が大きかったそうです。

  • 「ジェシカは今まで交際した中で最も息子にふさわしい女性」
  • 「もうF1には乗れないのか、と落胆した息子をジェシカが支えてくれた。一方で息子が一人になりたい時には、そっと脇で見守る。そんな思いやりがありがたかった」

とても素晴らしい言葉ですよね。

そう言われた道端ジェシカさんはとても嬉しかったことでしょう。

しかし、ジェンソン・バトンさんのお父さんは、2014年1月に心臓発作とみられる突然の死を迎えられてしまいました。

お父さんは生前、レース前にはジェンソン・バトンさんと必ず抱擁を交わし、F1で闘う息子を全力で応援していたそうです。

そんな最愛のお父さんから褒められた道端ジェシカさんなのに、結婚からわずか1年で破局した理由は一体何だったのでしょうか?

 

離婚理由は生活のすれ違い

2人の離婚理由は『生活のすれ違い』と言われています。

日本でモデル・タレント・女優として活躍していた道端ジェシカさんは、結婚後もジェンソン・バトンさん公認で、日本で母親と一緒に暮らしていたそうです。

ジェンソン・バトンさんは、そんな仕事を楽しんでいる道端ジェシカさんを応援していました。

しかし、ジェンソン・バトンさんはF1で世界を駆け回ることから、2人の生活は完全にすれ違っていき、結婚しているにも関わらず、「お互いにそれぞれ恋人がいた」という報道もあったそうです。

また、離婚理由についてはもう一つの説があります。

その説とは「道端ジェシカさんの性格に問題があったのが原因」とのこと。

道端ジェシカさんの美しさは、国内ではモデルとして群を抜いたレベルかもしれませんが、とにかく性格に問題があることで有名なのだそうです。

以前、道端ジェシカさんが某ファッション誌の専属だった頃、東南アジア系ハーフの同僚モデルに対し、差別的な言葉を浴びせ、いじめ抜いたことは業界で知らない人はいないと言われています。

また、日本国内のマスコミ関係からの受けも悪いという話が出ており、報道陣に対してひどい態度が度々報じられています。

そんな道端ジェシカさんの本性が結婚生活の中で、徐々に露わになっていった可能性があったのかもしれません。

世界を飛び回るレーサー夫と、日本に住みながらでモデルを続ける妻だなんて、2人は何のために結婚をしたのでしょうか?

個人的には、ジェンソン・バトンさんのお父さんが道端ジェシカさんを猛プッシュしていたことが、ジェンソン・バトンさんにプロポーズを仕向けたように思います。

しかし、結婚後の2人を見ていると、すれ違うのも無理はないように見えますよね。

ちなみに2人の婚約指輪は5カラットのダイヤで推定4000万円以上したそうですが、せっかくの高級指輪が…。

そんな2人の離婚は、F1レーサーであるジェンソン・バトンさんとのことだけに、『猛スピード離婚』などど言われてしまったそうです。

このようなことから、道端ジェシカさんは現在ケンカオさんと籍を入れてないのかもしれませんね。

以上、道端ジェシカの旦那についてのまとめでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.