下田美咲の旦那は元ホストで現在は無職!嫁が課す家庭ルールがエグすぎる!

下田美咲さんは、2016年の11月1日に結婚。

下田美咲さんの旦那は元ホストだと言われています。

そこで本記事では、

  • 下田美咲の旦那について
  • 下田美咲が旦那に課した育児ルール

を中心に解説します。

 

下田美咲と旦那は2016年に結婚

下田美咲さんは、2016年の11月1日に結婚を発表しました。

お相手の名前は直也さんと言って、下田さんより1歳年下のホストの男性です。

下田美咲さんの現在(2020年7月)の年齢は30歳なので、旦那は29歳になります。

交際歴はゼロ。

では何に惹かれたのでしょう?

 

それはアレの相性が良かったからだと下田美咲さんは発言しています。

下田美咲さんが描く結婚象は以下の通り。

  • 男女が一生添い遂げようという考えが間違っている。
  • 結婚しても短期スパンで離婚したい。
  • 結婚は離婚前提でするもので、人生の墓場だと考えている。

ここまで言い切ってしまうのは逆に気持ちいいですね。

ですが、こういった結婚観を持っていながら、なぜ結婚したのでしょうか?

もう他にやったことない思い出作りがなくなってしまったからだそう。

これまでに多くのタレント活動の中で下田美咲さんは、バンジージャンプだったり、スカイダイビングだったりもこなしてきました。

下田美咲さんにとっては10代、20代でほとんどのことを経験したのだそう。

あと、残されているやるべきことは、「結婚と出産」。

「結婚と出産」を経験するために結婚したのです。

実は下田美咲さんは結婚しても、旦那とは別居していました。

別居、同居に関しても独自の価値観をお持ちで、「妊娠してから同居しよう」と思っていたそうです。

その理由は、「妊娠中のつわりの辛さを旦那にも知って欲しいから」なのだそう。

確かに妊婦さんの苦労は男性には伝わりずらいです。

そして、結婚して4カ月・・・。

妊娠して旦那との同居生活を始めました。




馴れ初めは仕事の打ち合わせ

旦那は元ホストですが、やはり下田美咲さんがお客様として行ったことが出会いのきっかけだったのでしょうか?

下田美咲さんは毎月ホストに関する連載を持っていました。

ですから、仕事でホストクラブを利用することが多いのです。

ある日、たまたま打ち合わせに連載メンバーが来れなくてスタッフだけ集まった日がありました。

そしたら「美咲ちゃんの勉強がてらに」って、いつもとは違うお店に連れてってくれたんですね。

そのお店にいたのが旦那となる直也さんでした。

たまたま下田さんの横について接客してくれたのです。

ただ、その時下田さんはベロベロに酔っぱらっていて、旦那のことはあまり覚えていなかったのだそう。

下田さんが覚えていたのは帰りのエレベーターで、フラフラしていた時に支えてくれた握力が良かったという点。

どのタイミングで番号を交換したのかわからなかったけれど、次の日携帯を見たらラインが交換されていたんです。

覚えていないとはいえ、全くタイプでなかったら連絡先の交換もしていなかったでしょうから、下田美咲さんの中ではアリだったのではないでしょうか。

そこから意気投合し二人で遊ぶようになり交際に発展。

出会いから3ヶ月後に旦那からプロポーズを受けました。

3ヶ月とはスピード婚ですね。

ですが、長く付き合えばいいという訳ではありませんし、結婚ってタイミングだったり勢いだったりします。

 

旦那の顔画像

旦那のお顔は隠されていますが、それでも長身でスタイルが良く顔が小さいイケメンであることは伺い知れます。

ホストをされていたので自分をカッコよく見せる手段はあるのでしょう。

整った眉毛や二重瞼。

髪型にしてもセルフプロデュースが長けているように思います。

 

旦那は現在無職!逆に夫婦円満に!

旦那は下田美咲さんの妊娠を機にホストを辞めました。

それは下田美咲さんがホストを辞めて欲しいと強制退職させたのだとか。

無職になった旦那との生活が始まりました。

旦那がずっと家にいると妻からすると生活リズムが大きく崩れます。

それにストレスを感じる妻も当然います。

下田美咲さんも、「毎日のように夫婦喧嘩をすることになるかもしれない」と不安に思っていたそうです。

ですが、生活していくと夫婦喧嘩は一度もしなかったそう。

これって夫婦として大事なポイントですよね。

夫が家にいるようになると何もかもが邪魔くさい存在になります。

それどころか妻の負担が増えるばかり。

だから、定年を迎えた夫婦が熟年離婚するパターンが増えているのではないでしょうか?

下田美咲さんの場合は休日は必ずお出かけデートをしていました。

家から出て環境を変えてみるのもいい作戦です。

下田美咲さんの場合は旦那が家にいるようになってから、逆に大爆笑する機会が増えたのだとか。

そこではじめて見えた旦那の明るさや面白さに気付けたのです。

今まで下田さんは旦那のことを電池残量20%くらいのセーフモードみたいに思っていたのです。

ですが、家にいる旦那を見ているとフル充電になり元気も100%に見えたのだそう。

それは下田さんが3年間見てきた旦那象とは全く違った別人の旦那だったのです。

それには下田さんも自身で驚いたのだとか。

 

下田美咲が旦那に課した育児ルール

下田美咲さんは結婚観も独特なものをお持ちでしたが、育児に関しても独自の持論を持っていました。

下田美咲さんは旦那に「仕事以外は全て育児の時間!」というルールを課していました。

当然、飲み会だとか遊びに行くだとかもNG!

男としてでなく、夫としてでなく、父親として生きていくということ。

ここで謎が解けました。

下田美咲さんが旦那のホストというお仕事を辞めさせたのは、全て育児のためだったのです。

 

旦那はお小遣いなし

下田美咲さんの旦那への要求は育児第一優先というだけではありませんでした。

お小遣いなし!というルールも決めたのです。

とは言え、旦那は育児の時間ばかりですからお小遣いを使う時間も場所もなかったでしょう。

男性って見栄を張りたい生き物ですから、お小遣いが0円というのは旦那にとってはプライドを傷つけられた出来事だったでしょう。

下田美咲さんが旦那に課したルールには、SNS上でも批判の声が上がっています。

  • 下田美咲の夫に出した条件がひどすぎて笑えん
  • お小遣いなし+仕事以外全て育児ってただの奴隷じゃねえか
  • 家庭のために働いてるのに、自分のためのお金もなければ休息もないとか男をなんだと思ってんの?
  • 仕事疲れの旦那に主婦が家事育児求めるのはおかしい

確かに下田美咲さんの独特なルールは男性から見たら酷なことだと映ったことでしょう。

もし、下田美咲さんが自分には自由な時間があったり、自分のことにお金も使っていたとしたら、これは問題です。

ですが当の旦那が文句を言っていないのなら、ルール縛りの中でも何か自分の得になることがあるのかもしれません。

意外に育児が楽しいのかも。

下田美咲さんにとっては出産、育児は妻だけのものではない。

妻だけがリスクを負ってなりふり構わず育児をするのは納得がいかないのかもしれません。

その辺り、男性も察してあげて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.