真矢ミキの旦那・西島数博は有名バレエダンサー!夫婦円満の秘訣を紹介!

女優として活躍している真矢ミキさん。

元宝塚歌劇団花組のトップスターでもあり、現在はドラマや映画などで活躍されていますよね。

そんな真矢ミキさんは現在結婚されていますが、旦那が年下のイケメンバレエダンサーだと話題になっているようです。

そこで本記事では、

  • 旦那・西島数博について
  • 真矢ミキと旦那の夫婦仲
  • 真矢ミキと旦那の子供

を中心に解説します。

 

真矢ミキと旦那・西島数博は2008年に結婚

真矢ミキさんとバレエダンサーの西島数博さんは、2008年12月22日に入籍をしました。

当時の真矢ミキさんの年齢は43歳、西島数博さんが35歳だったので、8才の年齢差があるということでも注目を集めたようです。

しかし、上の画像をご覧のとおり、真矢ミキさんの美しさもあってか、年齢差はそれほど気にならない感じですよね。

とてもお似合いのように見えます。

 

旦那・西島数博はバレエダンサー

真矢ミキさんの旦那である西島数博さんですが、現在はバレエダンサーをされています。

西島数博さんは3歳の頃から祖母が開校させたバレエスクール「伊達バレエスクール」に通っていたそうです。

現在でバレエ歴45年になるということですが、一つのことをそこまでやり通すことは凄いですよね。

そんな西島数博さんですが、1991年には『フランス・カルポー賞国際バレエ・コンクール男性シニア部門第1位受賞』されています。

バレエダンサーとしての経歴も素晴らしいようですね。

また、過去には「西島千博」という芸名で芸能活動もされています。

そして、深夜テレビドラマの「池袋ウエストゲートパーク(通称:IWGP)」に「フランス帰りのバレエダンサー役」で出演をされたことがあるようです。

しかし、2014年10月21日に「西島数博」に改名し、現在はテレビ出演よりもバレエダンサーや振付師としての活動が多いとのこと。

ちなみに改名した理由は本人いわく「改名したかったから」だそうです。

ただの気分なのかな?(笑)

 

馴れ初めは舞台の共演

二人の馴れ初めですが、2002年の舞台『スターダスト in 上海』で共演したことが出会ったきっかけだったそうです。

しかし最初は恋愛に発展することはなかったようで、しばらくは「なんでも話せる友人」としての付き合いを続けていたとのこと。

西島数博さんが8才年下ということもあり、真矢ミキさんの恋愛対象には入りにくかったのかもしれませんね。

そして結婚する1年前の2007年に、西島数博さんが真矢ミキさんに交際を申し込むも、断られたそうです。

しかし、真矢ミキさんは西島数博さんの…

  • 仕事を一番大切にしている志が同じところ
  • 穏やかでキレないところ

に惹かれたようで、交際に至ったようです。

そうして2008年3月に、西島数博さんは真矢ミキさんにプロポーズをしました。

そのプロポーズは見事成功し、二人はめでたく結婚に至ったとのことです。

 

プロポーズ秘話が面白い

西島数博さんは、プロポーズの時にブルガリの指輪を持って挑んだそうですが、その時ちょうど真矢ミキさんがメニューを見ているのに夢中だったようで、最初は何が起こっているのかわからなかったそうです。

その時のことを真矢ミキさんは『まるで女優としてドラマを撮影している気持ちになった』と語っていたとのこと。

西島「結婚してください」

真矢「え?なんのこと?」

みたいな感じだったのでしょうか?(笑)

西島数博さんのリアクションを想像すると、クスッと笑えますよね(笑)

 

結婚式は明治神宮

二人は2009年4月に明治神宮で挙式を行ったそうです。

お二人とも和服姿がとてもよく似合っていますよね。

美し過ぎて後光が見えるかのようです。

 

旦那の年収が凄い!

西島数博さんはバレエダンサーをされていますが、年収はけっこう稼いでいらっしゃるそうです。

バレエダンサーの平均収入は一般的に少なめだそうですが、西島数博さんの場合はバレエ界ではかなりの著名人なので、年収は1000万円近くと推測されています。

とはいっても、真矢ミキさんは年収億越えと言われているので、真矢ミキさんよりは少ないようですが、それでも一般的には高収入の部類に入りますよね。

しかし、西島数博さんは芸能界での活躍もあるようですし、実際はもっと貰っている可能性もありそうです。

 

旦那の実家はバレエ教室

西島数博さんの実家は、宮城県日向̪市にある伊達バレエ団・伊達バレエスクールという、バレエ教室だそうです。

伊達バレエスクールは、西島数博さんの祖母である「伊達小夜子さん」が開校されたスクールなのですが、伊達小夜子さんは日本にバレエを広めた先駆者的な存在で有名な方だそうです。

伊達バレエスクールも、日本にバレエが普及していなかった1947年(昭和22年)に創設されたらしく、日本最古のバレエ団の一つとなっています。

伊達バレエスクールは2017年で創立70周年だったらしく、アニバーサリーコンサートには西島数博さんも参加して踊ったそうです。

 

旦那が真矢ミキに見るのをやめて欲しい動画

2017年10月のダウンタウンなうでは、西島数博さんが真矢さんに『夜な夜な変な動画を見るのをやめて欲しい』と言っていたそうです。

その変な動画とは「心霊スポットなどの恐怖映像」らしく、真矢ミキさんいわく「閲覧注意とか言われると興味を持ってしまう」ようで、つい見てしまうとのこと。

なんだかわかる気もします。

私は見ないですけどね(笑)

その後、ダウンタウンから「エ〇動画とかは見ない?」と聞かれ「見るわよ!」と答えた真矢ミキさん。

そのコメントで視聴者からの好感度が上がったそうです。

心霊動画もエ〇動画もどっちもどっちですね(笑)

 

夫婦仲は良好

そんな二人の夫婦仲ですが、とても良好だそうです。

結婚後、二人は2015年にドラマ『黒蜥蜴』で共演し、2016年には舞台『ドラマティック古事記~神々の愛の物語~』でも共演を果たしています。

その時のインタビューでは…

  • 「お互いの大切なところを守って、応援して、意見を言い合って過ごしてきた」
  • 「結婚してから、ずっと2人で共同で色んなものをつくってきた」

と、夫婦仲の良さが覗えるコメントをされていました。

また、2017年10月に出演したダウンタウンなうでは、松本人志さんからの「旦那さんと喧嘩はするんですか?」との問いに「ほとんどしないです」と答えていた真矢ミキさん。

このことからも、二人は夫婦円満であることがわかりますよね。

 

夫婦円満の秘訣

二人の夫婦円満の秘訣は一体何なのでしょうか?

それについて真矢ミキさんは、次のようにコメントをされていました。

  • 「いい意味で、私たちは二身一体になろうなんて思っていませんので」
  • 「お互いの大切なところを守って応援して、意見を言いあって過ごしてきた」

仕事に情熱を注いでいる二人にとって、とても良い関係なのが伝わってきますよね。

人生のパートナーとして、お互いを必要とし、サポートし合っているのでしょう。

また、真矢ミキさんは「どんなに忙しくても、土日は普通の妻として自然に存在していたいんです。平日は毎日朝が早いけど、土曜の朝はゆっくりなので(それでも7時起床)、ふたりが好きないつもの朝食を作ったり…」とも述べていました。

夫婦二人だけの時間を大切にしているようで、そういった日々の積み重ねが夫婦円満の秘訣にもなっているみたいです。

とても素敵な関係ですよね。

 

真矢ミキと旦那の子供

結婚してから今年で11年目になるお二人ですが、お子さんはいないようです。

どうしていないのか理由はわかっていないみたいですね。

しかし、仕事に情熱を注ぎ、人生のパートナーとして夫婦円満に過ごされている二人なので、年齢的なこともあり、産まない選択をした可能性もあるのかもしれません。

 

真矢ミキの旦那の現在

西島数博さんの現在ですが、バレエダンサー、振付師、講師、企画構成演出家として活躍されているそうです。

マルチにお仕事をされているみたいですね。

2019年10月の西島数博さんのブログには「東京藝術大学非常勤講師としての講義へ伺いました」と綴られており、「社会基盤としての芸術」というテーマで講義を行ったそうです。

どのような内容だったのか少し気になるところですが、バレエダンサーや芸能活動だけでなく、講義などもされているんですね。

これからも、お仕事を頑張りつつ、真矢ミキさんと仲良し夫婦でいて欲しいものです。

以上、真矢ミキの旦那についてのまとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.