牧瀬里穂の旦那・NIGOの借金43億円⇒破産からの大逆転劇がスゴすぎる!

女優として活躍している牧瀬里穂さん。

ハーフかと思うぐらい目鼻立ちがはっきりとした、美しいお顔立ちが印象的な女優さんです。

90年代には女優の宮沢りえさんと観月ありささんと共に『3M』と呼ばれ、絶大な人気を誇っていました。

そんな牧瀬里穂さんの旦那さんは、ファッションプロデューサーだそうですが、一度破産し、ものすごい額の負債を負ったと話題になっているそうです。

話題になるほどの負債というのが気になりますよね。

ということで、今回は牧瀬里穂さんの旦那についてまとめていきます。

 

牧瀬里穂と旦那・NIGOは2008年に結婚

牧瀬里穂さんは、2008年にファッションプロデューサーのNIGOさんと結婚しました。

今から22年前なので、牧瀬里穂さんが36歳、NIGOさんが37歳の頃に結婚されたようです。

 

馴れ初めは共通の知人の紹介

二人の馴れ初めですが、『共通の知人の紹介で知り合った』そうです。

その後、2004年6月に交際をさせた二人は順調に愛を育んでいき、4年の交際を経てゴールイン。

当時、周りからは「セレブ婚」だと注目を集めていたようです。

牧瀬里穂さんはNIGOさんに対し、「とても寡黙な人。いつも落ち着いてアドバイスをくれます。これまで精神的に支えられ、助けられることもありました。人として心から尊敬しています」とコメント。

そしてNIGOさんは「華やかな女優という仕事ですが、彼女のもつ家庭的な一面に感動しました。これからの人生において、自分にとってなくてはならない存在です。人生最高のパートナーとして、ふたりで共に歩んでいこうと思っております」と、とても素敵なコメントをされていました。

二人の絆の深さが覗えるコメントですよね。




旦那の歯が話題に!

NIGOさんはファッションプロデューサーとして成功し、かなり稼いでいらっしゃいます。

そんなNIGOさんは、上の画像をご覧のとおり、一時期『グリル(Grill)』という歯の装飾品をされていました。

NIGOさんが歯につけているのはダイヤモンドで、1980年代前半にアメリカでヒップホップをする若者の間で始まり、2000年代の半ばに人気が広がったそうです。

マドンナやブリトニーもグリルをしていたことがあるみたいですね。

個人的には何が良いのかわかりませんが(笑)

かなり目立ちそうですよね。

ちなみにNIGOさんは固定式グリッドをつけていたらしく「しみて冷たいものが食べれない」とコメントをしており、現在は外されているそうです。

遠目から見ると「全部銀歯なのかな?」と思ってしまうかもしれませんね(笑)

 

旦那の職業はファッションプロデューサー

NIGOさんはストリートファッション系ブランドA・BATHING・APEを裏原宿に立ち上げ、有名になりました。

↑牧瀬里穂さんとお揃いで着ているこちらの服がNIGOさんのブランドです。

NIGOさんはその他にも音楽活動をされていたり、DJ・ライター・スタイリストのキャリアも持っているという、とても多才な方のようです。

 

旦那の年収が凄い!

そんなNIGOさんの絶頂期の年収が凄いと話題になっています。

その額ですが、年商70億円、年収が5億円だったそうです。

送迎者はロールスロイスファントムで、家賃400万円の六本木ヒルズの最上階を衣裳部屋に借り、そして自宅は3億円で購入した豪邸。

高級車も数台所持し、高級アクセサリーやフィギュア、ギターなどのコレクションを買いまくり、家賃400万円の衣裳部屋に陳列していたそうです。

庶民からは想像もつかないぐらいの、ものすごいセレブぶりだったみたいですね。




ブランドが破産で43億の負債

そんな稼ぎまくっていたNIGOさんですが、『ブランドが破産して43億円の負債を抱えた』と話題になっているそうです。

どうやら、2010年に立ち上げた「株式会社ノーウェア」が10億3000万円の負債を抱え、翌年には43億円にまで膨れ上がってしまったんだとか。

これまたものすごい金額ですよね。

 

旦那・NIGOの現在はカレー店のプロデュースで大逆転

43億円の負債を抱えたNIGOさんは、最終的に香港のアパレル企業にブランドを売却し、六本木の衣裳部屋や豪邸も手放したそうです。

このことが原因で、当時はメディアで「セレブ生活の終焉とともに夫婦生活にも危機が訪れる?」と報じられました。

しかし、NIGOさんがブランドを潔く手放した最大の理由は、牧瀬里穂さんとの結婚生活を守りたかったからだそうです。

その後NIGOさんは、新たなブランドを立ち上げ、ユニクロのUTのクリエイティブ・ディレクターに就任。

アディダスと商品をコラボしたりと、マルチに活躍の場を広げていきました。

そして最近は、自身でプロデュースしたカレー店「CurryUp」の経営が軌道に乗っているそうです。

そんなNIGOさんは、以前と変わらない収入を得て、現在は家賃100万円のマンションに住んでいるとのこと。

まさに大逆転ですよね。

 

夫婦生活のルールが面白い

牧瀬里穂さんは、2016年10月29日放送の『メレンゲの気持ち』に出演した際に、夫婦生活について語りました。

その内容ですが、二人の間には「ルールがある」そうで、それが面白いと話題になっていたそうです。

その内容がこちら↓

  1. 日用品はすべて夫が買う
  2. 友人との旅行は、夫が手配したホテルや交通機関を使う

ファッションプロデューサーをしているNIGOさんは、普段使うものに対するデザインにもこだわりが強いそうで、台所のスポンジ1つとっても、気に入ったものを使うとのこと。

牧瀬里穂さんいわく「食器洗うスポンジ1つも、夫が好きな物が置いててほしいんですよ。なくなってくると夫に頼んで」だそうで、今までトイレットペーパーも自分で買ったことがないそうです。

そして二つ目のルールについては、『海外旅行なんですけど、「こっからここまで友達と旅行に行きたい」っていえば、全部その間の往復の飛行機を取ってくれて、空港からホテルまでのハイヤーも全部(取ってくれる)』と語る牧瀬里穂さん。

NIGOさんのこの行動は、実業家やファッションプロデューサーとして忙しいので、仕事以外で余計な心配事を増やしたくないからとのこと。

これに対して共演者からは「えー」と驚きの声が挙がったそうですが、それだけ大切にされているなんて、とても素敵だと思います。

 

離婚危機も報じられたが現在もおしどり夫婦

NIGOさんが過去に43億円の負債を抱えた頃、夫婦の離婚危機を報じられましたが、現在はカレー店の経営も軌道に乗り、夫婦仲はとても良好だそうです。

二人は現在「東京の街並みが一望できる都心の高級タワーマンション」に住んでおり、そこには茶道にハマっている牧瀬里穂さんのための茶室まであるとのこと。

二人の間にはお子さんはいないようですが、NIGOさんの破産危機を乗り越え、夫婦としてますます絆を深めているみたいですね。

これからも、素敵なおしどり夫婦でいて欲しいものです。

以上、牧瀬里穂の旦那についてのまとめでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.