伊藤千晃の旦那・惠藤憲二は年商300億円の大成功者で、現在は不労所得ウハウハ生活

人気グループAAAのメンバー・伊藤千晃さんの突然の結婚報告に驚いた方もいるでしょう。

その旦那がスゴイ!んです!

そこで本記事では、

  • 旦那・惠藤憲二について
  • 伊藤千晃と旦那の離婚の真相
  • 伊藤千晃と旦那の夫婦仲

を中心に解説します。

 

伊藤千晃と旦那・惠藤憲二は2016年に結婚

AAAのメンバー・伊藤千晃さんの突然の結婚発表、グループ脱退は周囲を驚かせました。

どんなお相手なのか?

当時の伊藤さんの報告では、

  • 40代の一般人男性
  • すでに同居している
  • 挙式の予定はない

とのことでした。

その後、お相手の男性象が少しづつわかってきました。

  • 名前は恵藤憲二(えとうけんじ)さん
  • 「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんの元相方

今は一般人になられていますが、お笑い芸人だったことがわかったのです。

当時、伊藤千晃さんは30歳。

恵藤憲二さんは45歳。

実に15歳の年の差がありました。

そのことで、伊藤さんがお金目当てで結婚したと、ネットでは叩かれていました。

こちらが旦那の画像になります↓

お金目当てとまで言われた恵藤さんの職業は何だったのでしょうか?




旦那・惠藤憲二は起業家として大成功

伊藤千晃さんの結婚相手・恵藤憲二さんは、実はバリバリのやり手起業家。

19歳でラーメン屋を起業し、その傍ら吉本興業のお笑い芸人養成学校であるNSCへ通っていたという、実にバイタリティがありチャレンジ精神旺盛だったのです。

NSCで宮迫博之さんと知り合い「ぴいぷる」というコンビを組んでいました。

ですが、コンビを結成してすぐに解散。

それには深いワケがありました。

実は両親に1億円の借金があったことがわかったのです!

恵藤さんはきっぱりと芸人の道を諦めて、両親を助けるべく事業に専念する覚悟を決めました。

宮迫博之さんは元相方の恵藤さんについて、こんなコメントをしています。

  • 当初から商才があった
  • とんでもないお金持ちになり成功した
  • 蛍原さんより相性がよかった(笑)

もし、恵藤憲二さんがそのままお笑いの道に進んでいたら、雨上がり決死隊は誕生していなかったかもしれません。

さて、事業に専念し、成功することを夢見た恵藤憲二さんは、どんな事業を行っていたのでしょうか?

当初は当初は雑貨の並行輸入や飲食店経営をしていました。

90年代からは大阪で接待を伴う飲食店、つまり夜のお店を経営。

2000年代になると、なんと100店舗の店のオーナーとなったのです。

この時、年商300億円。

大成功を収めました。

そして、ついたあだ名は「日本一のキャバクラ王」

それだけでは終わりません。

2005年にはファッション業界に進出。

オリジナルブランドによる婦人服・服飾雑貨の企画開発・販売する会社「Mark Style」を設立しました。

「EMODA」や「MARCURYDUO」といった、10代、20代の女性に支持されるブランド展開を多数保有しています。

その数170店舗。

恵藤憲二さんはやり手の社長として、瞬く間に有名になり、業界に君臨したのです。

現在は創業者利益という形で、資産運用で生計を立てています。

成功者のみが許される創業者利益。

ZOZOの前澤友作さんと似ている気がします。

これほどの成功者と結婚したのですから、伊藤千晃さんがお金目当てと言われてしまうのは、仕方ない面もありますね。

 

馴れ初めはブランド発表会

では、アーティストの伊藤千晃さんと、経営者の恵藤憲二さんはどこで出会ったのでしょうか?

二人の出会いは「MARK STYLER」のブランド発表会の時だと言われています。

でも、この時は挨拶程度。

実際にお付き合いに発展したのは、数年後の2016年6月のことでした。

実は伊藤千晃さんは、ファッションプロデューサーとしても活動していたのです。

お互いファッションに携わる者として、話しが合ったのかもしれません。

それまで独身だった恵藤憲二さんも不思議ですが、伊藤千晃さんには恵藤さんに結婚を決意させるなにかがあったのでしょう。

言ってしまえば、出来ちゃった結婚なわけですが、伊藤さんが敢えて計算して計画的に妊娠したのでなければ、実におめでたい話です。




伊藤千晃と旦那に離婚の噂

芸能人が結婚すると必ずついて回るのが「離婚」の話し。

伊藤千晃さんと恵藤憲二さんにも、やはり離婚の噂があります。

伊藤さんに近い芸能関係者は「夫婦関係は微妙」だと言っている、との記述が。

毎回出てくるこの手の「芸能関係者」とは、一体どんな人なんでしょうね?

ただ、その芸能関係者なる人たちの言うことは、

  • ふたりの結婚には初めから反対の声が多かった
  • 不倫やDVということではない
  • 伊藤さんが仕事関係先に離婚の交渉をしていることを報告している
  • 伊藤さんは名古屋の実家に子供を連れて帰っている

とのことでした。

どうして当初から結婚に反対していたのか?

それについては、こんな話が出ています。

「伊藤は、大手芸能プロダクションの大幹部と交際していたとの噂もあったし、上昇志向が強いタイプかもしれません。一方で恵藤さんも芸能界から抜け出し、経営者で成功したいという自己顕示欲が強く、ある意味、お似合いの夫婦。そういった部分がぶつかり合ってしまうのかもしれません」

普通より美人で、普通よりお金持ち。

そういう二人って、結局、色々言われてしまう宿命なんですかね?

 

夫婦仲は現在も良好

離婚話しが出ているかと思えば、伊藤千晃さんはこんなコメントをしています。

「夫も家事に協力してもらっています。洗濯とかお皿洗いは私が好きなので、自分でやって、重たいものを運んでもらったり、片付けなどをやってもらっています」

でもこの台詞ってなんだか危ない夫婦の常套句のように思えるんですよね。

夫婦円満アピールというか、夫は家事も育児も手伝ってくれると満点パパアピール。

なんて、これもひがみ、嫉みに聞こえちゃいますよね。

起業家で更に愛妻家。

実に羨ましい!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.